【受注期間終了】アゲ帯!博多織八寸名古屋帯 毘沙門亀甲 純白×ローズレッド [紅衣オリジナル]

¥169,400

税込

量:



受注期間終了致しました。
たくさんのご注文いただきまして、誠にありがとうございました。

___________________________________________________


シンプルな帯も楽しいけれど、テンションが上がる帯も欲しい!
そう思ったことありませんか?

今回ご紹介させていただく名古屋帯は、テンションも上がりつつ、そこは紅衣オリジナルだけに使いやすさはしっかり確保する帯でをご紹介します!

幅広く様々な着物に締めることができる帯であり、回数締めても丈夫な帯です。

今までは、コーディネートしやすさにこだわり、
白×藤の色、そして濃地とシンプルな帯を
ご用意してまいりましたが、
今回は、とにかく楽しく魅せる帯を目指して
純白×ローズレッド の色合いで配色をしました。

シンプル好きだけれど、いつも一緒になってしまう、、
ちょっと雰囲気を変えてみたい、、
そんなコーディネートにお悩みのかたを救うことができる帯!を
目指してお作りしました。

 

気負いすぎないオシャレ感のある、この毘沙門亀甲の帯は女将紅子のお気に入り。
今回は、それにプラスして、締める方がテンションが上がり、魅せられる帯!というのを目標に商品開発をいたしました。

①本気で遊ぶ
②柄行きをチューニング
③手に取りやすい

この3つをポイントに商品開発を行なっていますので、ご説明してゆきますね。


①本気で遊ぶ
大人の装いでの遊びは、プチプラを取り入れて良いところと、ここはコストをかけるべきところ!というのがございます。
着物姿で申しますと、やはり帯でしょうか。

大人の遊び心は、チープではいけません!
高い品質で、本気で遊ぶことが大切だと思っております。

遊び心も方向性がございます。
今回は柄ではなく、色で遊びました。
ローズレッドの色合いに拘りました。
今回の配色は私どもなりに本気で遊びました。
柄行きはベーシックでございますが、色で遊んでおります。

ちょっとマンネリコーデで思い切った改革をお望みの方に、
おすすめしたい帯です。

②現代の感覚にチューニングされた柄ゆき

柄ゆきが古典ですが、今の時代の感度にブラッシュアップされた、
つまりチューニングされていると申し上げたら良いでしょうでしょうか。
モダンな印象です。

今回は、亀甲文様の中の毘沙門亀甲柄(びしゃもんきっこうがら)。

もともとその名の通り亀の甲羅を模した亀甲模様は、固くその身を守ることから、長寿や健康さらには魔除けの意味があるとされています。
さらに毘沙門亀甲は、財宝や福徳をもたらしてくれる七福神の一神である毘沙門天さまの甲冑にこの文様が使われており、特に縁起良い吉祥文様です。

また、有職文様の一つでもあり、意味合いのある奥行きのある文様です。

着物はもちろんモダンな印象の柄ゆきもございますが、古典文様がやはり多い。
この毘沙門亀甲は、重めの古典文様の着物とも古典文様同士相性が良いですし、モダンなシンプル着物に合わせるとコーディネートがぐん!と存在感を増します。

柄ゆきが古典で、今の時代の感度にチューニングされているということは、良き意味合いで2面性があるということ。
だからこそ、頂き物の柄ゆき多めの古典柄の着物にも、モダンな印象のシンプルな着物にもこの2面性が良き形で作用します。

「遊び心あふれるアゲ帯」
      ×
「現代にチューニングされた古典の柄ゆき」

今回のアゲ帯の1番のキモはここだと思います。
遊び心をまあるく収める、遊び心がありつつ、使いやすい帯であること、このモダンみ溢れる古典の柄ゆきで表現しました。


③手に取りやすい帯
手に取りやすいと言う事は、頻繁に使うからこそ締めやすく丈夫であること。

この「アゲ帯」は、常にワードローブの中でキラッと個性光る帯になることでしょう。
個性がある分、
今年 :ホットな気持ち 
来年 :ちょっと気持ちが落ち着く
再来年:またホットな気持ち、、など
おそらく、ホットな年はかなり手に取ることになりますでしょうし、
年によって手に取る頻度が著しく異なるのではないかと思います。

ご購入される時は、色柄でお選びになられることでしょう。
しかしやっぱり手に取る帯というのは、締め心地が良いものなのです。
結びやすさ(締めやすさ)、また扱いやすさの点からも
今回は博多織の八寸名古屋帯でご用意いたしました。

一般的に博多織の帯は締めやすいと言われておりますが、その理由は、経糸(たていと)の密(=(経糸の本数の多さ)にあります。

博多織は、糸の密度があるのでもちっりとした質感。
ふわふわの帯には柔らかさがあり、それはそれで素敵ですが、今回目指したのは、やはり日常を力強く支えてくれる帯。
日常使いで頻繁に締められるよう、織元さんにお願いして、紅衣KURENAI好みの風合いにすべく織り組織もブラッシュアップしております。

この辺りは、代表と女将の紅子が前職で博多織の織元出身という経験値が生きております。 

今回は12月28日(木)23時59分までのご予約注文でお受けいたします。
予約期間を過ぎるとご注文いただけませんので、気になる方は是非ご検討ください。


今までのおしゃれに少しスパイスが欲しいなというお気持ちをお持ちの方、
きっとあたらしい世界の扉が開けます。

木下着物研究所の帯は素敵だけれど、ちょっとシンプルすぎると感じておられた方、
ファースト木下着物研究所帯、つまり最初の1本としてもおすすめです!

 

■着用時期
真夏を除く3シーズン
(7・8月はお避けください)

■合わせられる着物
木綿の着物、スーツ地のウールの着物、紬、小紋、江戸小紋、(紋の入らない)色無地など幅広く合わせていただけます。

■産地
博多織です。証紙が付きます。

■素材
絹100%

■サイズ
仕立て前
幅30.5㎝程度
長さ4m95㎝程度
※帯の仕様は八寸名古屋帯です。

お仕立て後のおおよそのサイズ
幅30.5㎝程度
長さ3m75㎝前後
(一般的な仕立て方の場合の寸法です。
 この寸法よりある程度は長く仕立てることも可能です。
 またご希望により、短く仕立てることも可能です。)

■お仕立て
こちらのご料金には、国内手縫いでのお仕立て代も含まれます。
八寸名古屋帯ですので、お太鼓を作る部分は、二重になるように仕立てます。
手先の仕立て方により以下のような違いがございます。

①開き/平仕立て(手先の布がほつれ無いようにかがってあります。手先からたれ先まで全て同じ幅の状態です。)

②松葉仕立て
(手先の20㎝前後かがり、あとは開いて仕立てます。)

③名古屋帯仕立て(お腹に巻くところが全てかがってあります。染め帯などはほぼこの仕立て方です。)

基本はこの3つからお選びいただけます。

また、動画のライブショッピングの中でトンネル仕立てという仕立て方をご紹介しています。

名古屋帯ですが、締めたら袋帯に見える仕立て方です。お太鼓部分が二重になるために結び方は名古屋帯の一重太鼓ですが、見た目は二重太鼓に見えます。

もしトンネル仕立てをご希望のお客様は、テ先(体に巻きつける部分のこと)の仕様は上記の①〜③種類からお選び頂き、ご注文の際は「+トンネル仕立て」と記載している選択肢の中の後半の3種類からをお選びください。

※トンネル仕立てについての詳細は、ライブショッピングの動画をご参照くださいませ。


■納期について
ご注文いただきましてから製織に入ります。
納期は以下の通りです。
ご注文をいただきましてから、織り始めるご予約販売商品です。
・お仕立てのみ     :2024年4月中旬ごろ
・ガード加工とお仕立て :2024年4月下旬ごろ

※お使いのモニターの発色具合によって、実際のものと色が異なる場合がございます。

・ご購入に際してのお願い
PC
等のアドレスを推奨しておりますが、携帯のメールアドレスをご登録いただく際は必ず以下のメールが受信できるように設定をお願いいたします。設定できておりませんとご購入確認や、発送のお知らせなどのメールがお受け取りいただけないことがございます。

info@kinoshitakimono.com

ギフトサービスをご用意しております。オンラインストアにて販売中の組み合わせ以外にも、お客様のご要望に応じて、ギフトボックスひとつの中に複数アイテムをお包みすることも可能です。お気軽にご相談ください。

一回あたり30,000円(税込)以上のお買物をして頂くと、送料が無料になります。

You may also like

Recently viewed