「紅衣」と書いて、KURENAI

「紅衣 KURENAI」は、女将の木下紅子が今の時代に欲しいという思う着物を、木下勝博が自らデザイン、ディレクションした着物ブランド

近年、日本文化を改めて見直す方が増えています。日本人に限らず着物への憧れを持つ方も少なくありません。ただ、いざ着てみたいと思っても、どんな着物から始めたらいいのか、どこから取り入れてよいのか、よく分からないというという方も多いでしょう。

着物をワードローブの一つとして

着物は洋服に比べれば高価かも知れません。ただ、流行が短期間で変化する洋服と比べると、着物の変化はとてもゆっくりなためないため、上手に選べば長くお付き合い頂けるものでもあります。
いにしえから日本人は布と上手に付き合ってきました。上質な布は、華美でなくとも雄弁に語ってくれます。時代を超えてその良さは受け継がれてゆきます。

個性を生かす着物

着物は形が変わらない分、実は洋服に比べて着る方の個性が出やすい服だと言えます。平面の布が着る方の体にまとわれた時に、その方しか創り出せないシルエットと醸し出せないオーラを出るものです。特にその方の魅力を最大限に引き出す着物と出会った時には、どんな豪華なブランドスーツも叶わない、そんな体験を着物は提供してくれます。

ひとめぼれの対象よりも、長く寄り添う伴侶のように

「紅衣 KURENAI」は、いわばひと目ぼれの恋愛対象というよりも、長く寄り添って頂く人生の伴侶のような存在でありたいと考えています。
その着物や帯はシンプルでそれぞれだけであるよりも、帯締や帯揚と全体としてコーディネートすることでよりいきいきしてくるものです。ベテランの職人さんの手により、上質な素材からひとつひとつ丁寧に生み出されます。そのため、どのアイテムも限られた数量しかお作りすることが出来ません。

「紅衣 KURENAI」の着物や帯、小物たちは、出来るだけ顔の見える皆さまに手にとって頂きたいと考えています。ゆえに限られた場所と機会のみでしかご紹介出来ておりません。一過性のものではなく、じっくりと長くお付き合い頂ける対象として、ご提供する側としても無理のないスピード感で少しずつモノづくりをしてゆきます。時にはお客様のご要望に沿えずにお詫びを申し上げることもあるかも知れません。そんな「紅衣 KURENAI」でもと仰って頂ける方がいらっしゃいしたら、お付き合い頂けましたら幸いです。

*「紅衣 KURENAI」の商品は、GALLERYまたはONLINE SHOP(近日オープン)をご覧ください。
*ご興味をお持ち頂いた方は、CONTACTにてお問合せ頂くか、NEWSFacebookInstagramのSNS等でイベントやフェア情報をご確認頂けますようお願いいたします。
*「紅衣 KURENAI」の商品は卸売をしておりませんのでご了承ください。