毎日、蒸し暑い日々が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、毎日着物生活を通じ実生活にて、着物の研究開発をしている私たちがこの夏にぜひオススメしたい洗える着物があります。
冒頭の写真は、今春にイタリアのコモにて撮影した新作の洗える着物。


そして、こちらは日本で地下鉄のホームで着ている新作の洗える着物。

今まで、私たちは正絹や綿、麻などの天然素材の着物がやはり着心地がよくオススメをして来ました。過去に一般的に売られているポリエステル100%の洗える着物や長襦袢を着た事もありますが、静電気や肌触りなどの面からやはり天然素材ではないと…と思っていました。

ところが、昨年この新作の洗える着物の素材に出会ってから私たちの価値観は変わりました。

今回、木下紅子の着物ブランド 紅衣 KURENAI 好みの洗える着物として、ご紹介したこの着物の素材は、トリアセテートという素材を使っています。

お洒落好きの方でしたら、耳にしたことのある素材かも知れません。服地としては高級な素材となるため、ファストファッションというよりもラグジュアリーブランドなどで使われるこの多い素材です。元々の原材料のパルプを化学的に処理するため、”半”化学繊維という表現を使われる事もあるようです。

この着物を着ていると、不思議ととてもよくお褒めの言葉を頂きます…正絹の良い着物を着ているように。


<大小霰の文様の小紋/三配色...1枚目の写真はこちらの薄紺色です>

着物でいうと単衣という裏地のないものを着る季節ですが、この蒸し暑さの中ではもう夏物を着たい、そんな気候ですよね。着物を着たいと思っても、汗シミなどが気になって着られないという方も多いかも知れません。

その点この着物は心配はいりません。ご自宅で洗濯が可能です。そして、洗った後に少しだけ”手のし”して頂ければ、ほぼノーアイロンで着ることができます。毎日着物を着る私たちのようなものにはぴったりなのです。


<縦ぼかしの着物/三配色...2枚目の写真がこちらの墨色>

柄の種類は以下の三つ。
「大小霰(だいしょうあられ)」
「縦ぼかし」
「色無地」
そして、それぞれ色バリエーションがあります。

着物をもっと日常に着たいという方や、茶道など習い事などでどうしても梅雨時期や盛夏にも着物を着る通用があるという皆様にはぴったりです。着ることに躊躇する必要がありません。

本来であれば、夏物の新作発表はもっと早い時期に行うべきなのですが、自分たちも日常的に着ながらメーカーさんと一緒にじっくり検証を進めている中で、ギリギリの発表となりました。

紅衣好みの洗える着物/トリアセテート60%, ポリエステル40%
「大小霰(だいしょうあられ)」 120,000円(税別/仕立込み/居敷当付)
「縦ぼかし」  130,000円(税別/仕立込み/居敷当付)
「色無地」  115,000円(税別/仕立込み/居敷当付)
※上記は国内の高級手縫い仕立て。仕立てのランクに応じて価格が変わりますので、ご相談ください。

Instagram 【着物・和装】