木下着物研究所・木下勝博です。
唐突ですが、久しぶりにブログをちゃんと書こう思っています。

私にとってブログは13年以上も書き続けているもので、数年前は本当に毎日書いていた時期もありアクセス数もそれなりにありましたが、近年だいぶペースが落ちていました。気になって昨年の回数を数えてみたら、たったの6回…(汗っ)。
昨年の後半は特に先日上梓させて頂きました『あたらしい着物の教科書』の出版準備もあり、文章は書いていて、FacebookなどのSNSは活用しているものの、ブログまでは手が回らなかったというのが正直なところです。

ここ数ヶ月間は同書の執筆もあり、集中的に文章を書いてはいました。原稿の執筆がひと段落してからも、仕事上で寄稿をご依頼されることが多い最近です。

私の仕事はなかなか一言で説明しずらいので、今日ははしょらせて頂きますが、せっかく文章を書くリズムも出てきたところですので、もう少しきちんとブログを書こうかと思っています。

以前の私のブログをご存知の方は、「木下さんのブログは、自宅に帰ってじっくり腰を据えて読めないと…」と言われることが良くありました。着物の市場や文化に関して、自分なりに考えたことなどをだらだらと綴っておりました。

簡単なことを難しく書くのは比較的簡単ですね。その逆で難しいことを簡単に書くことは本当に難しい。『あたらしい着物の教科書』で苦労したのは、いかに着物を知らない人にわかりやすく書くか…敏腕編集者さんにビシビシと鍛えらました(苦笑)。

鍛えられたあたらしい私!?が、少しは分かりやすいものなるよう精進いたします。改めてどうぞよろしくお願いいたします。

*『あたらしい着物の教科書』(日本文芸社)が上梓させて頂きました。
amazonで連日の着物カテゴリーの第1位を頂いているようです。本当にありがとうございますm(_ _)m
https://goo.gl/FVyBtS

平成三十年四月二日
【旧暦二月十七日/赤口(甲子)】

Instagram 【着物・和装】