11月18日(水)〜12月8日(火)の三週間、銀座三越7階ジャパンエディションにて、「”和ヲ服スル”ススメ〜サムライの一服〜」(木下着物研究所監修)を開催します。

現代では伝統文化がその歴史が重みゆえに、着物、茶道/お茶、和食などそれぞれが別のものとして語られがちです。いま改めて日本の伝統文化をライフスタイルの一環として捉え直す提案の第一弾として「服スル」をテーマの企画を行います。
和服の服、薬を服用するの服とあるように、もともと「服」とは薬のことをも意味しました。いま世の中はグローバルに広がりスピードは早まるばかり。そんな生活の中で、現代の都会生活の中の着物に向き合って来た木下着物研究所が、「服スル」をテーマに現代の生活に”一服”を提案いたします。

今回は本当に豪華なブランドや多忙な作家さんにご協力頂く事ができました!
日本人の美意識を服にしているブランド「matohu」さんから、布から考える一服ということでお洒落な数寄屋袋型クラッチバッグなどを。[※11/18〜24は拡大します]
人気の陶芸家の二階堂明弘さんには今の東京の住まいに溶け込むお茶まわりの器を。[※11/25〜12/1は拡大します]
書家の中澤希水さんには、現代の生活において取り入れて頂ける書を。[※12/3〜8は拡大します]
和菓子店のHIGASHIYAの器としても人気の Sゝゝからは錫や銅などを中心としたお茶まわりの道具を。
そして、輪島塗の蔦屋漆器店さんとは木下着物研究所初コラボレーションの菓子皿を発表致します。
リアルクローズの着物ブランドawaiは、新作のクラッチバッグの発表を予定しています。

期間中は毎週末、それぞれ強化展開するゲスト作家の方々をお招きして「服スル」をテーマにお話を伺います。また、武者小路千家教授の傳田 京子さんによるお呈茶も予定しています。

また、11月18日(水)〜24日(火)までは併設の「サロンドきもの」では、リアルクローズの着物ブランド「awai」、そして、11月25日(水)〜12月1日(火)までは東京友禅の小倉悟氏を、二週間に渡り「お茶のきもの」をテーマにご紹介致します。

3週間という長期間となりますが、毎週展開が替わりイベントも盛り沢山です。ぜひ皆様お誘い合わせの上、銀座三越7階までご来場頂けますようお願い申し上げます。 [木下着物研究所 代表 木下勝博]

“和ヲ服スル”ススメ 〜サムライの一服〜

和服の服、薬を服用するの服。もともと服とは薬ことを意味しました。
世の中はグローバルに広がりスピードは早まるばかり。この現代に”一服”を提案します。

期間中はゲスト作家をお招きしてのトークイベントやお呈茶も予定しています。

場所:銀座三越 7階 ジャパンエディション
期間:平成27年11月18日(水)〜12月8日(火) 午前10時30分~午後8時
監修:木下着物研究所
参加作家・ブランド
matohu(布物)   ※11/18〜24
二階堂明弘(陶芸) ※11/25〜12/1
中澤希水(書)   ※12/2〜8
Sゝゝ(金工等)
蔦屋漆器店(漆器)

awai(布物)
※期間中は全ての作家・ブランドが出展しますが、※各期間には拡大展開いたします。

【トークセッション/参加無料】
ファッション、陶芸、書の世界で活躍される方々から監修の木下勝博が「服スル」をテーマにお話を伺います。

(1)十一月二十一日(土)十四時〜
「これからの和ノ服」 matohu デザイナー 堀畑裕之氏、関口真希子氏
※終了後にmatohuの茶箱を使用したお呈茶も予定しています。

(2)十一月二十九日(日)十四時〜
「器を服スル」 陶芸家 二階堂明弘氏

(3)十二月六日(日)十四時〜
「書を服スル」 書家 中澤希水氏

※詳細はWebをご覧下さい。
http://kinoshitakimono.com/
https://www.facebook.com/events/1518568945107440/

【お呈茶】
和ヲ服スル茶会/武者小路千家 傳田京子氏
11/22(日)、11/28(土) 各14:00〜、14:45〜、15:30〜
定員:各回3名ずつ
参加費:1500円(税別)
気軽な立礼式でお茶を楽しんで頂きます。
※お申込は銀座三越7階ジャパンエディション(03-3535-1804(サロン ド きもの直通))まで直接お申し込み下さい。

※11/18-11/24は隣接の「サロンドきもの」では、リアルクローズの着物ブランド「awai」が期間限定出店致します。

Instagram 【着物・和装】