「男着物ってどこで買えば良いんですか?」

最近、こんな質問を受ける事があります。今まであれば私自身が「awai」をプロデュースしたので、質問された方も、こう聞き方はされませんでした。

「これからは着物はどこで買ったらいいですかね?」

また、友人、知人からこういう相談も増えて来ました。私に気を使って下さって「銀座三越さんで買った方が良いでしょうか?」と聞かれることもあります。

結論から言えば、その方がどんな着物のニーズなのかによって、オススメするお店は異なります。
女性の着物は呉服屋さんが減ったと言っても選択肢はまだありますが、男性の場合は数える程しかありません。銀座三越さんは男性の着物はないので、今回awaiが期間限定出店しているようなタイミングでないと男性モノがないので、男性の方はごめんなさい!

拙著『はじめての男着物』にも数店お店を紹介していますが、それぞれの特徴があります。百貨店や老舗の路面店、ネットショップなど。最近はまた大手チェーン店さんが作られた新しい業態のショップも出て来ました。

10年前に比べれば男着物を取り巻く環境も変わって来ていると思います。プロデュースという仕事をしていると、様々な方々からお話を聞く(聞かれる)ことが多いため、それぞれの市場状況がいまどこにあるのかということを意識することが多くなります。マーケティング的な視点で言えば、大手さんが参入されるということは、男着物市場が活性化してきたということでもありますので、とても良い事だと思います。

私自身が着物生活をしていると、常に消費者としての視点がどこかにあり、様々なお店を拝見するといろいろなことを感じます。率直に申し上げれば、まだ現代の着物屋さんは発展途上だと思います。お客様が求めているニーズをしっかり捉えれているお店は決して多くはありません。なぜならば、やはり着物というものがお店のスタッフにとってはあくまで”売り物”であったり”借り物”であったりするからだと思います。開店したから随分時間が経つのに”着物に着られてしまっている”ショップスタッフが多いと、こういうお店にはなかなか良いお客様は定着しません。

冒頭の質問にもどせば、お店選びも大切なのですが、人選びも大切だと思います。人とはショップスタッフのことです。この人であれば、自分のニーズや好みを分かってくれて適切な提案をしてくれる、と思える方と出会えるかどうかだと思います。
年に一度、冠婚葬祭にしか着物を着ないという方が着物を購入する場合と、着物に興味を持ち始めたので素材を問わずいろいろと着てみたいという場合では、接客するショップスタッフが必要となる経験値や知識も異なります。ご自身のニーズに親身になって相談にのってくれる販売員さんと出会いたいものです。
これはネットとなると違うかと言えば同じだと思っています。ネットショップも運営しているのは生身の人間ですから、そのスタッフの方の仕事やお客様に対する姿勢はオンラインショップでも現れています。

とは言え、まだまだそういう人材が多くないことも事実です。どんな仕事でも厳しいお客様がショップスタッフを育ててくれます。私自身も10年間現場に立ち多くのお客様と接して来ました。産地や着物業界の中から学んだ事もたくさんありますが、一番多くを教えて下さったのはお客様だと思っています。偉そうなことを書いていますが、本来私は販売には向きではないので、お客様に叱られることもたくさんありました。

お客様も呉服屋さんや店員さん任せではいけません。決して安い買物ではありません。聞きたい事は聞き、求める事は求めて良いのです。私がお手伝いさせて頂いているいくつかの売場も、まだ発展途上だと思っています。それぞれの現場の方々、日々お客様と接する中で主体的に考え、どうすればお客様が喜んで頂ける接客や商品が提供できるかを、たくさん悩んでたくさん改善してゆくことが必要です。

着物は難しいからプロの店員さんにお任せ、と思っている方も多いかも知れません。業界全体が世代交代の途上のため、着物のプロは大変少なくなっています。また、現代では着物の”消費者としてのプロ#はほとんどいません。つまり、お客様である皆さんこそがお客様としてのプロとして、新しいお店を一緒に育てていって頂きたいと思っています。これは一般の方から見て着物屋さんとの付き合いにくさや難しさをも理解した上での、着物の世界に関わる者としてのお願いでもあります。

お店選びはひと選び。ひと選びのためには、様々なお店に実際に足を運んでみて出会うしかありません。良い出会いがありますように。

平成二十七年十一月二十四日
【旧暦十月十三日/仏滅(甲辰)】

和ヲ服スルススメ①ブログ用

“和ヲ服スル”ススメ 〜サムライの一服〜

和服の服、薬を服用するの服。もともと服とは薬ことをも意味しました。
世の中はグローバルに広がりスピードは早まるばかり。この現代に”一服”を提案します。
期間中はゲスト作家をお招きしてのトークイベントやお呈茶も予定しています。

場所:銀座三越 7階 ジャパンエディション
期間:平成27年11月18日(水)〜12月8日(火) 午前10時30分~午後8時
監修:木下着物研究所
参加作家・ブランド
matohu(布物)   ※11/18〜24
二階堂明弘(陶芸) ※11/25〜12/1
中澤希水(書)   ※12/2〜8
Sゝゝ(金工等)
蔦屋漆器店(漆器)

awai(布物)
※期間中は全ての作家・ブランドが出展しますが、※各期間には拡大展開いたします。

【トークセッション/参加無料】
ファッション、陶芸、書の世界で活躍される方々から監修の木下勝博が「服スル」をテーマにお話を伺います。
(1)十一月二十一日(土)十四時〜 →終了しました
「これからの和ノ服」 matohu デザイナー 堀畑裕之氏、関口真希子氏
※終了後にmatohuの茶箱を使用したお呈茶も予定しています。
(2)十一月二十九日(日)十四時〜
「器を服スル」 陶芸家 二階堂明弘氏
(3)十二月六日(日)十四時〜
「書を服スル」 書家 中澤希水氏

【お呈茶】
和ヲ服スル茶会/武者小路千家 傳田京子氏
11/28(土) 各14:00〜、14:45〜、15:30〜
定員:各回3名ずつ
参加費:1500円(税別)
気軽な立礼式でお茶を楽しんで頂きます。
※お申込は銀座三越7階ジャパンエディション(03-3535-1804(サロン ド きもの直通))まで直接お申し込み下さい。
※11/18-11/24は隣接の「サロンドきもの」では、リアルクローズの着物ブランド「awai」が期間限定出店致します。

※詳細はWebをご覧下さい。
http://kinoshitakimono.com/
https://www.facebook.com/events/1763402180553723/

Instagram 【着物・和装】