毎日、銀座三越の「”和ヲ服スル”ススメ〜サムライの一服〜」のご紹介をばかりで、そろそろ飽きて来たという方もいらっしゃるかも知れません。まだ、ご紹介しきれない話題が満載ですので、そう仰らずにお付き合い頂ければ幸いです。

今週は二階堂明弘さんが拡大展開だと昨日のブログでご紹介しました。一方で隣接する同じ銀座三越7階のサロンドきものでは、東京友禅の小倉悟さんが出店しています。今回「”和ヲ服スル”ススメ〜サムライの一服〜」との連動ということで、サロンドきものでは先週のawaiに続き「お茶のきもの」をテーマにご紹介をしています。

東京友禅(伝統的工芸品としての正式名称は「東京手描き友禅」)というと、京都の京友禅や金沢の加賀友禅などと並ぶ三大友禅のひとつです。それぞれ特徴がありますが、京友禅がそれぞれの工程が細かく分業になっているのに対して、東京友禅はひとりの職人/作家さんがたくさんの工程をひとりで行うことがその特徴のひとつでもあります。

小倉悟さんも同様でデザイン〜下絵〜糸目〜色挿しなどの作業を一人で行っていらしゃいます。また、友禅と言うとかなり鮮やかな多色使いのイメージがあるかも知れませんが、都会的なスッキリした作品も小倉悟さんの特徴だと思います。

20151126_ogurafukusa2

さて、今回の「”和ヲ服スル”ススメ〜サムライの一服〜」とのコラボレーションということで冒頭の写真の帛紗(袱紗、服紗)を制作して頂きました。
いわゆるお稽古で使う紫色の帛紗だとちょっと・・・と思っているような方や、道具類などに帛紗を敷きたいと思った時に少しお洒落なものがあったら、そんなご要望に応えたものを企画してみました。

今回の企画が、もっと気軽に生活に一服を取り入れて頂きたいという主旨ですので、帛紗も今までは少し異なる素敵なものを作って頂きました。ぜひ、銀座三越7階サロンドきもの、または「”和ヲ服スル”ススメ〜サムライの一服〜」でご覧下さい。

なお、明日11月28日(土)14時からは、サロンドきものでは小倉悟さんの東京友禅講座があります。また、ジャパンエディション側では武者小路千家教授 傳田京子先生によるお呈茶(※)も予定しています。銀座界隈にお越しの際はぜひお立寄り下さい。
※詳細は文末をご覧下さい。

平成二十七年十一月二十七日
【旧暦十月十六日/先勝(丁未)】

和ヲ服スルススメ①ブログ用

“和ヲ服スル”ススメ 〜サムライの一服〜

和服の服、薬を服用するの服。もともと服とは薬ことをも意味しました。
世の中はグローバルに広がりスピードは早まるばかり。この現代に”一服”を提案します。
期間中はゲスト作家をお招きしてのトークイベントやお呈茶も予定しています。

場所:銀座三越 7階 ジャパンエディション
期間:平成27年11月18日(水)〜12月8日(火) 午前10時30分~午後8時
監修:木下着物研究所
参加作家・ブランド
matohu(布物)   ※11/18〜24
二階堂明弘(陶芸) ※11/25〜12/1
中澤希水(書)   ※12/2〜8
Sゝゝ(金工等)
蔦屋漆器店(漆器)

awai(布物)
※期間中は全ての作家・ブランドが出展しますが、※各期間には拡大展開いたします。

【トークセッション/参加無料】
ファッション、陶芸、書の世界で活躍される方々から監修の木下勝博が「服スル」をテーマにお話を伺います。
(1)十一月二十一日(土)十四時〜 →終了しました
「これからの和ノ服」 matohu デザイナー 堀畑裕之氏、関口真希子氏
※終了後にmatohuの茶箱を使用したお呈茶も予定しています。
(2)十一月二十九日(日)十四時〜
「器を服スル」 陶芸家 二階堂明弘氏
(3)十二月六日(日)十四時〜
「書を服スル」 書家 中澤希水氏

【お呈茶】
和ヲ服スル茶会/武者小路千家 傳田京子氏
11/28(土) 各14:00〜、14:45〜、15:30〜
定員:各回3名ずつ
参加費:1500円(税別)
気軽な立礼式でお茶を楽しんで頂きます。
※お申込は銀座三越7階ジャパンエディション(03-3535-1804(サロン ド きもの直通))まで直接お申し込み下さい。
※11/18-11/24は隣接の「サロンドきもの」では、リアルクローズの着物ブランド「awai」が期間限定出店致します。

※詳細はWebをご覧下さい。
http://kinoshitakimono.com/
https://www.facebook.com/events/1763402180553723/

Instagram 【着物・和装】