ここ数日、銀座三越では海外の方とお話することが増えて来ました。

もともと銀座三越の7階はジャパンプレミアムをキーワードに、いわゆるインバウンド需要も意識して作られた売場であるので海外の方が多いのも事実です。ただ、銀座=中国系の”暴買”のイメージが強いですが、7階に関して言えば、欧米の方もチラホラ見かけます。

今回、私が企画しているコーナーの隣には鉄瓶があるため、確かに中国系の方も多いです。ただ、同じお茶でも中国茶と抹茶(茶道)ではだいぶことなるので、客層は少し異なるというのが私の印象です。

たくさん売場に来られる外国人の中でも、日本文化に関心が高くかつ日本文化に精通されているような方は、関心を持つポイントが少し違います。観光を例にして言えば、何度も来日しているので一般的な観光地には既に興味はなく日本人でも知らないような踏み込んだことに関心を持つ傾向があります。

20151127_nikaido

さて、今回、私がお話をした海外の方々が、中澤希水さんの書「一期一会」や、二階堂明弘さんのお茶碗や茶入れなどを購入されています。

このような方は、既に一般的なお土産物には興味はなく、茶道に関心を持つような方々でした。必ずしも茶道のお稽古をしているような方ではなくとも、茶道体験はあると言えば良いでしょうか。日本で抹茶を飲む事を体験し、気に入って自ら入れてみたいと思い、茶碗や茶筅と抹茶を購入し帰国してゆきます。日本人よりも自由に日本文化を取り入れていると言ってもいいでしょう。

今回、もっと気軽に和を生活に取り入れて欲しいという主旨のイベントを企画したわけですが、海外の方は(私の語学力の問題で十分な説明ができないため)直感的に良い悪いで判断するのに対して、日本人がより観念的なところから説明を求める傾向があるのは大変興味深いです。

別の言い方をすれば、それぞれの作品はどような作家や産地や技法なのか、という説明を日本人は求めるのに対して、海外の方は、そのものをダイレクトに評価して購入する傾向が高いように思います。少なくとも今回の企画に興味を持って足を止めて下さる外国人の方に関してはそう思います。

20151201_kisui
<こちらはA5サイズ程のミニ屏風。ご自宅などでお友達に抹茶を出す時にはぜひミニ屏風を床に見立てて欲しいです>

早いもので、明日からの一週間/12月2日(水)から8日(火)で最終週となってしました。。。
最終週は、書家の中澤希水さんの作品を拡大展開してご紹介してゆきます。ブログ等でもご紹介している軸に加えて、テーブルやチェストの上にも載せて頂けるような卓上「ミニ屏風」もご用意しました。

また、以下の期間中は中澤希水さんご自身の売場にいらっしゃいます。

そして、12月6日(日)14時からはトークセッションも行います。今回も皆さんに代わって私がいろいろとお話をお聞きしたいと思います。今年1月には女優さんで奥様の熊谷真実さんと一緒にTV「徹子の部屋」にも出演されていたので、ご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?イケメンでありながら、書に対するストイックなまでの向き合い方は同性の私から見ても、とてもカッコいいと思います。当日はぜひ中澤希水さんの魅力に迫ってみたいと思います!
※席が限られていますので、お早めのご来場をおススメします。当日参加も可能ですが、ご興味のある方はぜひSNS等でご連絡頂ければ幸いです。

20151201_kisui2
中澤希水さん在廊日/銀座三越7階ジャパンエディション
12月3日(木)14時〜17時
12月5日(土)14時〜17時
12月6日(日)13時〜17時

トークセッション「書ヲ服スル」
日時:12月6日(日)14時〜
場所: 銀座三越7階ジャパンエディション
参加費:無料
ゲスト:中澤希水さん/書家
進行: 木下勝博/木下着物研究所

平成二十七年十二月一日
【旧暦十月二十日/大安(辛亥)】

和ヲ服スルススメ①ブログ用

“和ヲ服スル”ススメ 〜サムライの一服〜

和服の服、薬を服用するの服。もともと服とは薬ことをも意味しました。
世の中はグローバルに広がりスピードは早まるばかり。この現代に”一服”を提案します。
期間中はゲスト作家をお招きしてのトークイベントやお呈茶も予定しています。

場所:銀座三越 7階 ジャパンエディション
期間:平成27年11月18日(水)〜12月8日(火) 午前10時30分~午後8時
監修:木下着物研究所
参加作家・ブランド
matohu(布物)   ※11/18〜24
二階堂明弘(陶芸) ※11/25〜12/1
中澤希水(書)   ※12/2〜8
Sゝゝ(金工等)
蔦屋漆器店(漆器)

awai(布物)
※期間中は全ての作家・ブランドが出展しますが、※各期間には拡大展開いたします。

【トークセッション/参加無料】
書の世界で活躍される中澤希水さんから監修の木下勝博が、書の楽しさや書を日常に取り入れるコツ等を「書ヲ服スル」をキーワードにお話を伺います。
十二月六日(日)十四時〜
「書を服スル」 書家 中澤希水氏

※詳細はWebをご覧下さい。
http://kinoshitakimono.com/
https://www.facebook.com/events/1763402180553723/

Instagram 【着物・和装】