<matsuricaオーナーの笹本英恵さん(右側)、MOONPEACH開発者のうすき友美さん(左側)、ご来場ありがとうございました!>

ブログを読んで頂いている方はご存知かと思いますが、二週間前より頻繁に銀座三越7階に顔を出しています。

本来は今回の「”和ヲ服スル”ススメ〜サムライの一服〜」はディレクションのみで売場に立つ予定はなかったのですが、始まってみて気になり顔を出していると、毎日たくさんの方々がご来場くださり、皆さんとお話をしていて気づくと帰らずいるそんな毎日が続いています(苦笑)。いつも何かあると顔を出して下さる方はもちろん、とても久しぶりに顔を出して下さる方々まで、ご来場頂きまして誠にありがとうございます。

一方、ご来場下さったにも関わらず、私が不在でお会い出来ていない方ごめんなさい!日にもよりますが14〜17時前後に出没することが多いです。事前にSNS等でご来場のご連絡を頂けると予定をお伝えしますので、お会い出来ることも増えると思います。ちなみに今週末12/6(日)は14時からはイベントもありますので、確実に銀座三越7階におります。

さて、今日は出会ってから四半世紀になる友人が来てくれました。途中に約20年は間が空いていましたので、お互いに中年です(笑)。たまたま私の茶道の同門の方のFacebookのタイムラインに見覚えのある友人が登場したことがきっかけとなり再会を果たす事になりました。

実際に会ってみるとお互いに20年の時間の経過を感じませんでした。若い時は損得勘定は度外視して、ただ想いや気持ちのまま動いていたような時が誰しもあると思います。それが大人になると何だか、純粋な気持ちを忘れがちになります。この年齢になるとお互いにそれぞれ様々な社会経験をしたうえで、改めて一巡して十代後半くらいのまだ純粋だったころの感覚に戻ったように感じさせてもらいました。それぞれが自らが感じ、信じることに向き合えていることはお互いに幸せを感じます。また、何か楽しいことができそうです。

平成二十七年十一月三十日
【旧暦十月十九日/仏滅(庚戌)】

和ヲ服スルススメ①ブログ用

“和ヲ服スル”ススメ 〜サムライの一服〜

和服の服、薬を服用するの服。もともと服とは薬ことをも意味しました。
世の中はグローバルに広がりスピードは早まるばかり。この現代に”一服”を提案します。
期間中はゲスト作家をお招きしてのトークイベントやお呈茶も予定しています。

場所:銀座三越 7階 ジャパンエディション
期間:平成27年11月18日(水)〜12月8日(火) 午前10時30分~午後8時
監修:木下着物研究所
参加作家・ブランド
matohu(布物)   ※11/18〜24
二階堂明弘(陶芸) ※11/25〜12/1
中澤希水(書)   ※12/2〜8
Sゝゝ(金工等)
蔦屋漆器店(漆器)

awai(布物)
※期間中は全ての作家・ブランドが出展しますが、※各期間には拡大展開いたします。

【トークセッション/参加無料】
書の世界で活躍される中澤希水さんから監修の木下勝博が、書の楽しさや書を日常に取り入れるコツ等を「書ヲ服スル」をキーワードにお話を伺います。
十二月六日(日)十四時〜
「書を服スル」 書家 中澤希水氏

※詳細はWebをご覧下さい。
http://kinoshitakimono.com/
https://www.facebook.com/events/1763402180553723/

Instagram 【着物・和装】