「一億総活躍社会」最近メディアを賑わせているこの言葉、決して分かりにくい言葉ではありませんがあまり評判が良くないようです。
着物の世界の言葉は、なかなか分かりにくい言葉が多く一般の方には評判が良くないかも知れません。

例えば「訪問着(ほうもんぎ)」という着物、着物好きの方はご存知の方も多いと思いますが、一般の方には今ひとつ分かりにくい言葉のひとつです。

冒頭の写真がまさに訪問着です。現代においては、「訪問着」と言えば=フォーマルの着物ということになるでしょう。着物の入門書などには、準礼装に着られるで絵羽模様(これまた分かりにくい・・・)の着物と説明があります。今日はこの「訪問着」について少し考えてみたいと思います。

まず、この「訪問着」という言葉はいつからあるのでしょうか?

着物に関するものと言うと何百年も昔から続いている伝統的なもののイメージがありますが、答えは大正時代です。実は明治時代までは、いまではカジュアルな着物である総柄紋様の「小紋(こもん)」などに一つ(家)紋を入れたものを現在の「訪問着」と同じように着用していたと言います。
※当時は総柄模様や裾模様の「小袖(こそで)」が一般的でした。

では、なぜ「訪問着」が生まれたのでしょうか?

長く続いた江戸時代が終焉を迎え明治時代になると、日本人の生活は衣食住それぞれが西洋化されてゆきます。明治政府は日本を一等国にするために西洋化を推し進めてゆきます。髷を落とし西洋服に身を包み、西洋式の建築や生活様式も増えてゆきます。欧米列強との不平等条約を改正するために、鹿鳴館外交が行われたなんて話しは歴史の授業にも出て来たと思います。

20151030_beniko2
<縫い目にまたがるように模様が連なっている「絵羽模様」の訪問着、総柄模様の「小紋」などに比べると工程が複雑なため高額となることが多い>

大正時代には行き過ぎた西洋化に対して古来の日本文化を大切にしようという一種のムーブメントが起きます。
鹿鳴館のような社交界で着用された女性のドレスはVisiting Dressと呼ばれたものでした。これに匹敵するような着物を作ろうと、呉服商発祥の三越百貨店(現在の伊勢丹三越)が発表した新作着物がこの「訪問着」でした。

もうお気づきでしょう。Visiting Dress = 訪問着なのです。もともと三越百貨店の新商品であった最新ファッションが、その後、昭和に入り一般化し、一般名詞となったわけです。
ちなみに当時は他店は「社交着」(白木屋)や「プロムナード」(銀座松屋)などがありましたが統一されていませんでした。

現代の着物のルールの多くは長い歴史や体系的に作られたというよりも、昭和以降に商業的な要素を相まって慣習化されたことも少なくありません。様々な産地に行くと、どこどこの織屋・染屋が◯◯を考案し、産地の主力商品となったというお話を伺うこともしばしばです。
つまり、時代の変化に応じて柔軟に進化して来たのが着物文化でもあると言えます。これからの時代の着物はどうなってゆくのでしょうか?

Instagram 【着物・和装】